技術移住ビザ 招待状の発行について

技術移住ビザ(サブクラス189、190、489)はポイント制によるビザであり、それぞれスキルセレクト(SkillSelect)を通じて意思表明(EOI – Expression of Interest)の申請後、ビザ申請の招待を得ることで初めてビザ申請が可能になります。

Skilled Independent visa (subclass 189) 189技術独立移住ビザ
Skilled Nominated visa (subclass 190) 190州ノミネーション技術移住ビザ
Skilled Regional (Provisional) visa (subclass 489) 489地方技術移住(暫定一時滞在)ビザ

移民局の発表によると、2018年5月9日のラウンドでは、189ビザで300件、489ビザで5件の招待状が発行されたのみに終わりました。この発行数は昨年7月の各ラウンド2200件の発行数と比べると劇的な減少であり、現在、招待を受けるのに平均75ポイントは必要とされています。

190ビザは、州または準州からのノミネーションを受けたEOI申請者がスキルセレクト(SkillSelect)から招待を受けることで190ビザの申請が可能になるわけですが、移民法で定められているビザ申請上の条件とは別に、それぞれの州または準州が求める技術者を限定するなど独自の条件を課しており、前述のように技術移住ビザにおける招待状の発行数が急減する状況下、ビクトリア州、クイーンズランド州、オーストラリア首都特別地域(例外を除く)が技術移住移民の受け入れの(一時)中止を発表しているなど、技術移住ビザの申請が益々狭き門と化しています。

以下、それぞれの州・準州における技術移住プログラムの概要です。

New South Wales
NSW Priority Skilled Occupationといわれる専用の職種リストを利用。ノミネーションを受けたらNSW州に住み、働くことが条件。最も高いポイントを取得できている申請者に招待状を発行、残りの申請者はNSW州で需要のある職種を指定している申請者から順にランキング。指定職種、英語力、雇用の有無を重視して招待状の発行が決められる。

Tasmania
申請時にCommitment Statementといわれるタスマニアへの移住理由(なぜTasmania州に住みたいのか、なぜビザ取得後最低2年間Tasmania州に住みたいのか等)を綴った作文の提出など厳格な条件を設定。

South Australia
South Australia州に住みたい理由などを綴った作文や雇用状況を理解するためのリサーチなど南部地域での移住希望者を対象とする特別条件。更に国内申請者はSA州に住み、最低6ヵ月雇用されていることが条件。

Western Australia
発行数を限定している。定住サービスへの登録、定住するための資金(最低3ヵ月分)証明、着後最低2年間WA州に住んで働くこと、6ヵ月ごとの定住におけるアンケートに答えることなど。

Northern Territory
NT準州が求める技術を有していること、指定する職種に関連する雇用の確保ができること、NT準州に住んで働く意思があることなど。

Australian Capital Territory
2017年8月以降、190ビザ申請者の受け入れを中止。例外として、現在キャンベラに住んでいる、または、ACTとの特別な繋がりを証明できる場合のみ受け入れを検討。

Queensland
目途がつくまで190ビザ申請者の受け入れを中止。

Victoria
目途がつくまで190ビザ申請者の受け入れを中止。

職種リスト変更

MLTSSL中長期職種リストならびにSTSOL短期職種リストの見直しが行われ、1月17日以降、以下が適応されることとなりました。

〔STSOLに新たに加わった職種〕

» Property Manager(ANZSCO:612112)
注釈)給与$65,000以上での雇用契約、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上、指定地域内を所在としていない

» Psychotherapist(ANZSCO:272314)

» Real Estate Representative(ANZSCO:612115)
注釈)給与$65,000以上での雇用契約、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上、指定地域内を所在としていない

 

〔STSOLからMTLSSLに移された職種〕

» Horse Breeder(ANZSCO:121316)
注釈)餌やりなどスキルを必要としない作業で占められない業務、指定地域内を所在としていない

» Management Consultant(ANZSCO:224711)
注釈)給与$90,000以上での雇用契約、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上

 

〔職種リストから外された職種〕

» Building Associate(ANZSCO:312112)

» Hair and Beauty Salon Manager(ANZSCO:142114)

 

〔注釈が加えられた、または、訂正された職種〕

» Accommodation and Hospitality Managers(ANZSCO:141999)
注釈)指定地域内を所在としていない

» Management Accountant(ANZSCO:221112)
注釈)ブックキーパーなど経理事務職でない、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上

» Massage Therapist(ANZSCO:411611)
注釈)フルタイムでの雇用契約、快楽を目的とするマッサージ店ではなく治療を目的とする治療施設

» Recruitment Consultant(ANZSCO:223112)
注釈)給与$90,000以上での雇用契約、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上

» Supply and Distribution Manager(ANZSCO:133611)
注釈)小売店設定での業務でない、接客業務で占められる業務でない、給与$65,000以上での雇用契約、年間売上$1,000,000以上

» Taxation Accountant(ANZSCO:221113)
注釈)ブックキーパーなど経理事務職でない、従業員数5名以上、年間売上$1,000,000以上

457ビザ保持者への既得権条項

457ビザ保持者へのお知らせ

今年4月18日、457ビザ廃止の発表に伴い、翌日4月19日からサブクラス457、サブクラス186 ENS、サブクラス187 RSMSビザの移民法が一部改正されることとなり、これまで通り457ビザから186 ENSまたは187 RSMSの移行申請(Temporary Residence Transition stream)が可能かどうか不明瞭な状況が続いておりました。
そんな中、以下の方々のみを対象に来年3月以降も、2017年4月18日時点での条件でサブクラス186 ENSまたはサブクラス187 RSMS移行申請(Temporary Residence Transition stream)を可能とする特別措置が発表されました。

〔対象者〕
■ 2017年4月18日の時点で457ビザを保持してる方
■ 2017年4月18日の時点で457ビザを申請中の方

〔申請条件〕
■ 現在対象とされている職種リスト(短期STSOL、中長期職種MLTSSLリスト)に関係なく、同じスポンサー会社のもと、指定のポジションで引き続き就労すること
■ 移行申請を行う時点で50歳未満であること
■ 同じスポンサー会社のもと、指定のポジションで2年間働いたこと

英語力の証明や最低給与、トレーニング費用など、上記以外の条件は現在の条件が適応となります。

そのため、今年4月18日の時点で457ビザ保持者または申請者であれば、今までとほぼ同様の条件にて永住権の申請が可能となります。もし、ご自身がこの特別措置において永住権の申請が可能かどうかの確認をされたい方、そして今後の手続きに関する詳細をお知りになりたい方は、お気軽に当社までお問合せください。

 

 

ワーキングホリデービザ 特定地域での就労

1年目のワーキングホリデービザを保持している間、特定地域で特定の就労に3ヵ月(または88日)以上就くことで、セカンドワーキングホリデービザの申請が可能となりますが、この度、西オーストラリア州における特定地域が新たに加わりました。

〔新たに加わった地域〕
郵便番号:6055
Caversham, Hazelmere, West Swan, Dayton, Henley Brook, Guildford, South Guildford

郵便番号:6056
Baskerville, Greenmount, Jane Brook, Midland, Red Hill, Viveash, Bellevue, Henley Valley, Koongamia, Midvale, Stratton, Woodbridge, Boya, Herne Hill, Middle Swan, Millendon, Swan View

郵便番号:6069
Aveley, Ellenbrook, Belhus, The Vines, Brigadoon, Upper Swan

現在の特定地域は、新たに加わった上記を含め以下のとおりです。

Postcode
New South Wales 2311 to 2312, 2328 to 2411, 2420 to 2490, 2536 to 2551, 2575 to 2594, 2618 to 2739, 2787 to 2898
Norfolk Island All of Norfolk Island
Northern Territory All of Northern Territory
Queensland 4124 to 4125, 4133, 4211, 4270 to 4272, 4275, 4280, 4285, 4287, 4307 to 4499, 4510, 4512, 4515 to 4519, 4522 to 4899
Victoria 3139, 3211 to 3334, 3340 to 3424, 3430 to 3649, 3658 to 3749, 3753, 3756, 3758, 3762, 3764, 3778 to 3781, 3783, 3797, 3799, 3810 to 3909, 3921 to 3925, 3945 to 3974, 3979, 3981 to 3996
Western Australia 6041 to 6044, 6055 to 6056, 6069, 6076, 6083 to 6084, 6111, 6121 to 6126, 6200 to 6799
South Australia All of South Australia
Tasmania All of Tasmania

 

7月1日以降の職種リストについて

2017年4月19日に職種リストが変更されましたが、7月1日、第2弾となる職種リスト(MLTSSL – Medium and Long-term Strategic Skills List (中長期職種リスト)ならびにSTSOL – Short-term Skilled Occupation List (短期職種リスト))の変更が発表されております。

〔職種リストから外された職種〕
今回の見直しにより全12の職種が中長期・短期職種リストから完全に外されました。以下のいずれかの職種で457ビザを申請中の方で7月1日の時点において移民局の判断がおりていない申請については、457ビザの認可は得られません。申請書類が担当官に割り当てられた時点で、移民局から申請取り消しに関する案内が行くこととなります。

457ビザの他、以下のビザも対象となります。

〇 Employer Nominated Scheme (subclass 186) – Direct Entry Stream
〇 Skilled Independent visa (subclass 189)
〇 Skilled Nominated visa (subclass 190)
〇 Training visa (subclass 407) – Nomination eligibility type 2
〇 Temporary Work (Skilled) visa (subclass 457)
〇 Temporary Graduate visa (subclass 485)
〇 Skilled Regional (Provisional) visa (subclass 489)
 

Occupation ANZSCO code
Equipment Hire Manager 149915
Fleet Manager 149411
Picture Framer 394212
Property Manager 612112
Psychotherapist 272314
Real Estate Agent Principal 612113
Real Estate Agent 612114
Real Estate Agent Representative 612115
Ship’s Engineer 231212
Ship’s Master 231213
Ship’s Officer 231214
University Tutor 242112

 

〔MLTSSL中長期職種リスト〕
STSOL短期職種リストからアップグレードされた職種(*)、ならびに、新たに追加された職種は以下のとおりです。
 

Occupation ANZSCO code
Chief Executive or Managing Director * 111111
Corporate General Manager * 111211
Faculty Head * 134411
Chief Information Officer * 135111
Environmental Manager * 139912
Musician (Instrumental) * 211213
Statistician * 224113
Economist * 224311
Chemical Engineer 23311
Materials Engineer 233112
Electronics Engineer 233411
Industrial Engineer 233511
Production or Plant Engineer 233513
Mining Engineer (excluding Petroleum) * 233611
Petroleum Engineer 233612
Engineering Professionals (nec) * 233999
Chemist * 234211
Food Technologist 234212
Environmental Consultant * 234312
Environmental Research Scientist * 234313
Environmental Scientist (nec) * 234399
Geophysicist 234412
Hydrogeologist 234413
Life Scientist (General) 234511
Biochemist 234513
Biotechnologist 234514
Botanist * 234515
Marine Biologist * 234516
Microbiologist 234517
Zoologist * 234518
Conservator 234911
Metallurgist 234912
Meteorologist * 234913
Natural and Physical Science Professionals (nec) 234999
University Lecturer * 242111
Multimedia Specialist * 261211
Software and Applications Programmers (nec) * 261399
ICT Security Specialist * 262112
Civil Engineering Technician 312212
Stonemason 331112
Horse Trainer 361112

 

〔STSOL短期職種リスト〕
STSOL短期職種リストに新たに追加された職種、ならびに、MLTSSL職種リストからダウングレードされた職種(^)は以下のとおりです。

 

Occupation ANZSCO code
Research and Development Manager 132511
Production Manager (Manufacturing) 133512
Production Manager (Mining) 133513
Music Director 211212
Music Professionals (nec) 211299
Artistic Director 212111
Aeroplane Pilot 231111
Flying Instructor 231113
Helicopter Pilot 231114
Anaesthetist ^ 253211
Nurse Researcher 254212
Web Developer 261212
ICT Support and Test Engineers (nec) 263299
ICT Support Technicians (nec) 313199
Aircraft Maintenance Engineer (Avionics) 323111
Butcher or Smallgoods Maker 351211
Dressmaker or Tailor 393213
Retail Buyer 639211

 

 

パートナービザ申請条件の変更について

かねてより法案のあったパートナービザ申請時のスポンサーシップ申請について、今年7月1日施行を予定していましたが、2018年に先延ばしされることとなりました。

〔現行〕
ステップ① ビザ申請者によるビザ申請(→ブリッジングビザ)
ステップ② スポンサーとなるパートナーによるスポンサーシップ申請

〔改正後〕
ステップ① スポンサーとなるパートナーによるスポンサーシップ申請
ステップ② ①の認可がおりた後、ビザ申請者によるビザ申請(→ブリッジングビザ)

来年以降、パートナーのスポンサーシップ申請を事前に行うこととなり、スポンサーシップの認可を得て初めて申請者本人のビザ申請が可能になります。
スポンサーシップ申請の審査にかかる期間は1~2ヵ月といわれておりますが、あくまでも目安にすぎません。パートナービザの申請を検討される際、現在保持するビザの残存期間とスポンサーシップ申請から取得までの時間を見越して余裕をもって準備をする必要がありますので、十分ご注意ください。

7月1日からのビザ申請料

先日、2017-2018年会計年度の予算案が発表されましたが、消費者物価指数を基に7月1日よりビザ申請料が値上げされることとなります。

主なビザの申請料は以下のとおりで、7月1日以降の申請者が対象となります。

» Visitor (subclass 600) visa: $135 → $140
» Temporary Graduate (subclass 485) visa: $1,470 → $1,500
» Student (subclass 500) visa: $550 → $560
» Student Guardian (subclass 590) visa: $550 → $560
» Employer Nomination Scheme (subclass 186): $3,600 → $3,670
» Regional Sponsored Migration Scheme (subclass 187): $3,600 → $3,670
» Skilled Independent (subclass 189): $3,600 → $3,670
» Skilled Nominated (subclass 190): $3,600 → $3,670
» Temporary Work (Skilled) (subclass 457) visa: $1,060 → $1,080
» Partner (subclass 309/100, 801/820) visa: $6,865 → $7,000
» Resident Return (5 years) (subclass 155) visa: $360 → $365
» NZ Family Relationship (Temporary) (subclass 461): $325 → $330
» Bridging B  (subclass 20) visa: $140 → $145

新・親呼寄せビザの導入について

日本で暮らす親をオーストラリアに呼び寄せたい場合、親呼寄せビザというのがありますが、この度、現行の親呼寄せビザに加え、新たにTemporary Sponsored Parent visa(スポンサーによる親呼寄せビザ(一時滞在))が2017年11月を目途に導入されると発表がありました。

現在、親呼寄せビザには以下の種類があります。

1) Parent (subclass 103) visa
2) Aged Parent (subclass 804) visa
3) Contributory Parent (Temporary) (subclass 173) visa
4) Contributory Parent (subclass 143) visa
5) Contributory Aged Parent (Temporary) (subclass 884) visa
6) Contributory Aged Parent (subclass 864) visa

1)と2)のビザは高額でないものの取得できるまでに30年かかると言われており現実的ではありませんが、3)から6)のビザは高額な寄付をすることで一時滞在を経て永住権、または、一度に高額の寄付をすることで永住権の取得が可能となります。

今回新たに導入されるTemporary Sponsored Parent visaは、あくまでも一時滞在を目的とするもので、ビザ発給数は年間15,000とされております。

〔基本条件〕
●実父母または継父母のスポンサーとなる子どもがオーストラリア国籍、永住権、または、特定のニュージーランド国籍を保持する成人(18歳以上)で、オーストラリアに最低4年間在住していること
●実父母または継父母のスポンサーとなる子どもによるスポンサーシップの認可を得ること(2段階申請:スポンサーシップ→ビザ申請)
●滞在期間中、健康保険に加入すること
●人物評価に問題がないこと
●健康に問題がないこと
●ボランティア活動以外の就労は不可 など

〔ビザ申請料〕※最大10年まで延長可(国外申請)
●$5,000(3年)
●$10,000(5年)

186(ENS)ビザと187(RSMS)ビザに関する変更

会社スポンサーによる永住権といえば、186(ENS)ビザと187(RSMS)ビザですが、先に発表された457就労ビザ廃止に伴い、186ならびに187ビザも来年3月まで段階的に再構成されることとなります。

〔対象ビザ〕
» Employer Nomination Scheme (subclass 186) visa (ENS)
» Regional Sponsored Migration Scheme (subclass 187) visa (RSMS)

●419日からの変更点
- SOLとCSOL職種リストにあった651種の職を435に削減。うち24種は特定地域での農業関連の職種
- CSOLはSTSOL (Short-term Skilled Occupation List)に改名し、6ヶ月毎に更新
- SOLはMLTSSL (Medium and Long-term Strategic Skills List)に改名し国家計画に基づき国益に繋がる技術職を今後指定

●7
1日からの変更点
- STSOLを雇用省の助言を基にした更なる見直し、MLTSSLについては教育訓練省によるSOL(2017-2018)報告書を基に見直し
- 英語証明:IELTS 6(各項目)以上
- 年齢制限(直接申請の場合):ビザ申請時に45歳以下であること
- 年齢制限(就労ビザを経て申請の場合):ビザ申請時に50歳以下であること

●1231日までに行われる変更
- 就労ビザ保持者(会社スポンサーによって永住権を取得した永住者を含む)のタックス・ファイル・ナンバーの提出要請を開始するとともに税務局の記録と照合手続きを開始

20183月より
- 職種リストMLTSSL (Medium and Long-term Strategic Skills List)にある職種での申請
- 最低給与(現在$53900)
- 就労ビザ取得後3年を以ってビザ申請が可能(就労ビザを経て申請の場合)
- 指定する職種に関連のある職歴が3年以上あること
- 年齢制限:ビザ申請時に45歳以下であること
- スポンサー会社による外国人雇用税の支払い;
1. 年間売上1千万ドル以下の場合
» TSSビザ:ビザ申請者一人に対し$1200(年間)
» 永住ビザ:ビザ申請者一人に対し$3000
2. 年間売上1千万ドル以上の場合
» TSSビザ:ビザ申請者一人に対し$1800(年間)
» 永住ビザ:ビザ申請者一人に対し$5000

4月19日から変更となった職種リストにより、職種リストから職種を指定してビザ申請を行う以下のビザにも影響が及ぶこととなります。

» Skilled Nominated (subclass 190)
» Skilled Independent (subclass 189)
» Skilled Regional (Provisional) (subclass 489)
» Temporary Graduate visa (subclass 485) – Graduate Work stream

 

 

市民権申請の変更について

457就労ビザの廃止に関する発表に続き、市民権申請の変更に関する発表が4月20日にあり即日より施行となりました。
即日施行となっておりますが、厳密にいうと、正式には法制化されていない状況であり、年内には確定するであろうとされております。法制化には至っていないものの、法案は4月20日から適応として政府に提出されているため、例えば、年末に確定した場合であっても、4月20日以降の申請者に対して適応となる可能性があるとされております。

〔申請条件〕
» 申請日からさかのぼって過去4年の間、永住ビザで滞在していたこと
» 英語テスト (IELTS 各項目6相当)
» オーストラリアへの社会的貢献度 (雇用証明など)
» オーストラリア市民権テスト など