トレーニング貢献金支払いについて

既に廃止となった就労ビザ457、それに代わる482TSSビザ、ならびに、186ENSや187RSMSといったビザ申請はスポンサーとなる会社があって初めて申請できるビザですが、スポンサー会社の条件として、オーストラリア国籍または永住権を保持する従業員に対し必要な研修を提供している、または、それに代わる寄付を関連機関にしていることを証明しなければいけません。これまでの条件は、「総人件費12ヵ月分のうちの1%分をそういった従業員の研修に費やすこと」または「2%分を関連の教育機関へ寄付すること」とされていましたが、8月12日以降のノミネーション申請から以下に変更となります。

482TSSビザ 
ノミネーション申請時に指定する年数分(1~4年)の支払いが必要。
» 年間売上$10,000,000以下の会社: 1年あたり$1,200
» 年間売上$10,000,000以下の会社: 1年あたり$1,800

186ENS、187RSMS
ノミネーション申請時に支払いが必要。
» 年間売上$10,000,000以下の会社: $3,000
» 年間売上$10,000,000以下の会社: $5,000

貢献金支払い先
SAF – Skilling Australians Fund(教育訓練省)技術者養成支援基金