リタイアメントビザから永住権

リタイアメントビザ(サブクラス405 Investor Retirementならびにサブクラス410 Retirement)保持者への永住権への道が断たれてしまった中、2018年11月17日から以下の条件下、永住権の申請を受け入れることとなりました。

対象者:
以下のいずれかのビザを保持している方が対象となります。
- 405 Investor Retirement visa
- 410 Retirement visa

申請可能なビザ:
- 親ビザ(103 Parent visa)
- 寄与付親ビザ(143 Contributory Parent visa)
※子供の大半がオーストラリア居住者であるかどうかを判断するテストを満たす必要はなく、オーストラリア国籍または永住権を保持する子供が1人でもオーストラリアに居住していれば上記いずれかのビザ申請が可能です。
※103親ビザは現在約30年待ちとされています。

上記の他、2018年11月17日以降、サブクラス410 リタイアメントビザを保持する方のビザにパートナーとして含めてもらう付随申請はできなくなります。